使い心地抜群に!広くてゆったりバスルーム

我が家は25年前に新築のマンションを購入し20年を少し過ぎたあたりでリフォームをすることにしました。まずはキッチン周りだけを直したのですが、水回りのリフォームをすると本当に見違えるほどキレイになったのを目の当たりにし、思い切って浴室もリフォームすることにしました。

浴室のリフォームで大きく変えた点は風呂釜です。今まではビジネスホテルにあるような風呂釜で大人一人が入ると精一杯な大きさでしたが、今回のリフォームでは横幅を広めに取り身長160cmくらいの私でも余裕で足が伸ばせるくらいのゆったりとした風呂釜にしました。また、老後のことも考慮し、風呂釜の高さは低めに、手すりもつけて入浴時の困難をできるだけ減らす工夫もしました。

もう一つポイントが洗い場と風呂釜の隙間です。この隙間を完全になくすことにより、風呂掃除に発生するデッドスペースを最小限にし、カビ発生を防止する設計にしてもらいました。これまで水回りはどうせ経年劣化していくものだと思い込んでいましたが、リフォーム業者さんに相談したところ今は様々なデザインがあり、設計次第で水回りの劣化もあまり気にならないような製品もあることを教えてもらい、今回はその案を採用しました。
リフォームして2年ほど経ちますが、今のところリフォーム仕立ての頃のような美しさを保てています。

これからも大切に使いながらゆったり広々としたバスルームでリラックスする時間を楽しみたいと思います。