築25年を機に我が家のバスルームをリフォーム

築25年を機に、バスルームのリフォームをしました。
まず問題だったのが、ガスの効きが悪くお湯がなかなか出ない場合が増えてきたこと。水道代も増えるし冬場はストレスにもなります。そろそろだと検討をはじめ、それならばと浴室暖房もつけることにしました。
給湯器の交換、浴室暖房含む換気機能をつけるけとが決まったので、まずは見積もりから始めました。電気屋、リフォーム会社3社よりとりました。

給湯器は扱う会社により、下げ幅が大きく変わることを知りました。もとの値下げが少なければ、お値打ちな見積もりをだしてもらうことはできません。結局給湯器のメーカーを決め、その売り価格が一番安いところに決めました。こんなに安いならばとトイレの改装も見積もりしてもらいましたが、安いのは給湯器だけだったようでトイレは見送りました。

工事は半日で終了し、その日から快適な日々がはじまりました。何しろ築25年ですので、かなり寒い我が家でした。スムーズにお湯が出るだけでも嬉しくてたまらないのに、浴室暖房がはじめてついたのです。入浴前に浴室を温めておくだけで、そのまま入り、暖まることができます。洗う最中もわとにかくあたたかいので、シャワーを出しっぱなしにしたり寒い思いをすることもありません。お湯の出が悪いストレスはなくなり、浴室暖房をつけて本当に良かったと毎日思いながら入るようになりました。もう浴室暖房のない冬場は考えられたせん。リフォームの大切さを身にしみて実感しました。