老朽化したバスルームをリニューアルし、新しく窓も設置をしました。

築40年以上が経過をした2階建て一軒家に住まいを構えていますが、
年数が経過をしているので家の修繕が欠かせませんでした。
特にバスルームの痛み具合が激しく優先的に改装が必要だったのですが、
リフォーム業者に来ていただき状態を見て頂くことにしました。

内装のタイルの状態が非常に悪く所々剥がれていたのですが、
剥がれた隙間から内壁に湿気が浸入をして、中の木材が腐っている状態でした。
このままでは骨組みから腐ってしまうことも考えられるので、
内壁のやり直しも必要になりました。

続いてバスの選択になり、持参をして頂いたカタログを参考に選びましたが、
実際に現物を見ないと分からない事もありますので、
ショールームに赴いて見学をする事にしたのです。

その中で目に付いたのが、タカラスタンダードのバスだったのですが、
丁度良い具合にリクライニングが出来て浸かる事もできますし、
高さも低めで跨ぎ易いので高齢の者でも使い易いと思い設置する事に決めました。
いよいよ工事の日になりましたが古いバスタブを撤去した後に内壁の修理に掛かり、
本格的に設置の準備に掛かりました。

新たに大き目の窓を付けることになったのですが、
今までは日が入らなかったバスルーム内に日差しが 差込むようにしました。
2,3日でバスの設置も無事に終わりましたが、
リニューアルされたバスルームは、
まるでホテルに来たような印象に変わりました。

我が家である事が信じられないくらい別空間に生まれ変わり、
バスタイムが楽しくなりました。