我が家のバスリフォームを少しでもお得にできた理由

2年前、実家のお風呂をリフォームしたときのことですが、想定よりとても安くバスリフォームすることができたのでその時のお話をします。実家のお風呂は20数年前に家を建てて以来リフォームしていませんでしたからその当時のお風呂のままでした。昔ながらのお風呂で最近のお風呂と違って浴室が広く、冷たい床と壁、保温性の低い浴槽など冬に帰省するとお風呂の時間が少し憂鬱になってしまいます。毎日だと慣れているかもしれませんが、実家は母の一人暮らしなので一人だけの入浴だと余計に浴室の寒さが感じやすかったでしょう。次の冬が来る前に、とついに2年前にバスリフォームを決心したようです。

母一人では決断が難しいからと私たち家族も一緒にいろいろと検討しました。まずしたことは大手ショールームにいくつか行き、気に入った商品を見つけることから始めました。その際に行ったショールームで、もうすぐ新商品が出るので安くバスリフォームをしたいのであれば時期を遅らせて型落ちを手配することも可能かもしれませんと聞き、そういった方法もあるのだなと初めて知りました。最終的に商品性能、デザイン、価格などでメーカーを絞りました。

商品が決まれば次は購入、取り付けですが、ここで我が家ではメーカーから直接購入をしませんでした。これが我が家のバスリフォーム節約に結果的になりました。母の知り合いの大工さんに取り付け工事をお願いすることにしたのですが、大工さんを通して商品も購入してもらうことにしたのです。すると業者購入のため店頭価格より安く購入できました。さらにバスリフォームとあわせてトイレリフォームも一緒に行ったのでさらに割引できました。最終的に商品自体は半額近く安く手に入れることができたので、想像以上の節約になり驚きました。もし身近に大工さんや工務店の知り合いがいる場合は相談してみると少しでもお得にバスリフォームができるかもしれないのでおすすめです。